きせる 洋銀一次真鍮上宮 / no.1220

by 谷川清次郎商店

¥13,750

日本の「粋」な文化を象徴するアイテム

金具部分の全体は真鍮、吸い口に洋銀が継いであります。真鍮のくすみと洋銀の風合いが愉しめます。
吸い口が細く、小さめですので女性におすすめです。

日本では、江戸時代から昭和初期頃まで、喫煙具といえば「煙管(きせる)」が一般的。
江戸時代では人々にとって数少ない嗜好品であり、仕事の合間にきせるをふかしながら会話を愉しむなど、身近な社交の場で広く親しまれ、来客にはもてなしの道具のひとつとして活用されました。

道具として愛で、会話を楽しみながら莨(たばこ)を嗜むきせる。
今も、その歴史や細工の美しさから、日本の「粋」な文化の象徴として心惹かれる人も多く、愛好家達がいます。

火皿に刻み莨(きざみたばこ)を詰め、手で整え、火をつける
時には、美味しく吸うために手入れをしながら
シガレットのようなお気軽さはなくとも
手間をかけてゆったりと味と香りを愉しむ。
昔も今も「きせる」は大人のための嗜好品です。

 

| 内容 |
洋銀一次真鍮上宮
羅宇竹:春慶塗
袋ケース付き:黒

| 素材 |
銀・真鍮・羅宇竹

| 実寸サイズ |
全長約21cm
羅宇竹の直径約7mm

| パッケージ |
OPP袋

| お手入れ方法・取り扱い注意事項 |
小まめに掃除することで煙管が長持ちします。竹管は、よく吸う人で半年、たまに吸う人で1年ほどで交換することをお薦めします。 竹管の交換などのメンテナンスについては、製作元の谷川清次郎商店でお受けいたします。本体同梱の連絡先までご相談ください。

刻み莨「小粋」の販売はしておりません。ご所望の際はたばこ専門店にてご購入ください。

| お届け日について |
在庫がある場合:7日以内に出荷
在庫がない場合:

ご注文前にご確認ください

-色・イメージについて-

できる限り実物を再現するよう努力しておりますが、 ご利用のモニターにより色調などに若干差異が生じる場合がございます。

-キャンセル、返品・交換について-

ご注文と異なる商品をお届けした場合や、商品が破損していた場合に限り 7日以内にご連絡をいただければ返品・交換を承ります。 それ以外はいかなる理由がありましても、返品・交換をお受けいたしかねます。

商品が到着しましたら、まず商品をご確認ください。